作業ブログ

北九州市八幡西区でトイレの水漏れ修理

北九州の水道屋、中村水道工業の作業報告です。

北九州市八幡西区にトイレから水漏れしているので修理してほしいとのことで行ってきました。

現場で確認すると、給水フレキ菅から水漏れしていました。これは、パッキンの交換で治ります。また、タンクの中にボールタップという部品があるのですが、ボールタップはタンクの中に水がなくなれば水を入れて、水が一定の規定量になれば水を止める部品になります。

タンクの中で水が止まらない状況

画像では分かりにくいかもしれませんが、水が本来止まるべき位置で止まらずにずっと水が溜まり続けて筒の中に流れています。この筒は便器に流れて行きます。この状況は常に水漏れしているので、水道代も増えていきます。今回は、比較的初期の為、水漏れも水道代もたいしたことありませんが、ひどくなると常にタンクに水を蛇口から出している量ぐらい漏れ続けてしまい水道代もビックリするくらい請求がきます。

今回は、ボールタップを交換させていただきました。

新しいボールタップと規定の位置で止水

水漏れ修理終了後、お客様に確認してもらい終了です。

トイレの水漏れは、外に漏れない限りなかなか見つけることが難しいですが、もし早めに見つける事ができたらすぐに修理したほうがいいと思います。

今回のボールタップ交換作業は、

中村水道工事は、タンク内部品の交換4980円ですので、

¥4980円+材料費+税

トイレの、水漏れトラブルは中村水道工業までお気軽にお電話ください。